本棚って壁紙だ!

主に本の紹介、読書感想文、時には漫画、映画などエンタメ全般について綴る

リアル書店を応援したい

 大手出版社等が集まり、電子書籍を店頭で販売するというニュースが出ていました。amazonに対抗して「ジャパゾン」とか書いてありましたが、何なんでしょうね。

 電子書籍の良さの一つは、書店まで足を運ばなくても購入可能な所だと思うのですが、書店まで出向いて電子書籍って何だかなあって感じです。書店までわざわざ出向くなら物理的にリアルな本を買いたいと思います。

 店頭でしか購入できないが絶対に読みたい、でも置き場所がない、とかそういった理由があれば店頭での電子書籍でも買うかもしれませんが、電子書籍はPCやタブレット、書籍リーダーから買えるからこそいいのではないでしょうか。そもそも店頭でしか購入できない様な事はやって欲しくありません。このDVDはTSUTAYAでしか見られませんってのがしばしばあるけど、ああいう囲い込みは不快です。

 大型の書店に行くと本が沢山並んでいて本好きの人は時間が経つのを忘れます。何時間でも見ていられます。amazonでは自分に興味のありそうな本が画面に並ぶだけですが、リアル書店なら普段行かないカテゴリの棚とかをたまに見ると、そこにも面白そうな本があったりします。

 電子書籍は便利です。読み捨てるような本はそれで良いでしょう。でも自分の琴線に触れて手元に置いておきたい本もあります。電子書籍はamazon等、その会社自体が存続していなければ書籍自体が消滅してしまう恐れがあり、本を手元に置きたい人にとってはそれが怖いのです。

 私はamazonのKindle Paperwhiteを愛用しています。これはこれでとても良いです。でも実際にリアルな書店に行くことも多く、リアル書店がなくなってしまうと困ると感じているのでリアル書店を応援したいのです。なのでなるべく電子書籍でなくリアル書店で購入するように心がけています。

 実際電子書籍の売り上げ自体はまだ数パーセントしかないようで、殆どの人は実物の本を購入しているようですが、これから電子書籍の割合は増えていく方向でしょう。もちろん紙の本がなくなる事はしばらくはないでしょうけれど、地方都市からは小さな書店が消えていっています。子供の頃こういった小さな書店で本を見るのが好きだったため、こういう町の本屋は残って欲しいなと思います。

 何が言いたいかというと店頭で電子書籍を販売とか訳の分からないことをせず、もっとリアル書店が生き残れる方向に頭を使って下さい。リアル書店で物理的な本を買うと電子版をダウンロードする権利を同時に得られるというのはどうでしょう。コレクター心も満たされますし書籍リーダーで旅先に持ち歩くことも出来ます。そして日本なら日本国内で販売する本は全て一つの書籍リーダーで読めるように統一し、ユーザーの便宜を図って欲しいです。

 今はまだamazonでは全ての書籍が電子化されている訳ではないのだから、国内だけでも共通のフォーマットで全ての本を電子化し単一のリーダーで読むことが出来れば、そしてその仕組みが少なくとも自分が生きている間は存続する事が確認できれば、amazonから国内連合に乗り換える人もいるのではないでしょうか。

 amazonからシェアを奪うこと、それが国内連合の売り上げを伸ばしリアル書店を継続させる手段の一つなのですから、amazonより使いにくい方法で勝てる訳がないのです。幸い私の地元にはそこそこの規模の書店が数軒あり、よく足を運びます。売り上げに貢献するようリアル書店でも購入します。頑張って下さい。

広告を非表示にする